木の飾り

太陽に挑んだ月の幻

「悪ガキ」のことを特別に感じている人って、たくさんいるのかな。過去の体験や固定観念みたいなのが、「先生」と結びついちゃうことって、往々にしてあるんじゃないかな。

木の飾り

じめじめした休日の明け方は外へ

旅行でも仕事としてでも、韓国に行く機会が多い。
縁があるのは、博多港からすぐ行ける釜山。
観光ももちろんだが、女性だったらコスメブランドやネイル用品など興味がある人も多いのではないだろうか。
韓国の人外見、つまり外見を磨くことへの力は素晴らしいといわれる。
転職や、パートナー選びの際に、日本よりも露骨に判断する傾向が多いとか。
そのことから、韓国スキンケアは、肌に良い成分が日本の商品より、多く含まれているらしい。
という事から、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが効果は期待できるのではないだろうか。

のめり込んで体操する友人と気の抜けたコーラ
都内で古くから有名な下町が、台東区にある浅草。
中でも由緒ある寺が浅草寺だ。
そこそこここ最近、浅草寺へご参拝に行ってきた。
久しく行く台東区浅草寺。
一段と、自身できちんと直視し分かったのが、日本人じゃないツアー客多い事実。
色々な国よりツアー客が集中する浅草、ちょっと前からどう見ても増えた。
それは世界一の総合電波塔、スカイツリー完成の影響もあることは間違いない。
アジア方面からは、羽田のハブ化に伴って便利になったという事から、それと、ヨーロッパ諸国やアメリカからは、着物や和装小物に憧れを抱いて来る旅行客が多いと思う。
ともかく、この先の未来も多くの外国人が来るということを想像した。
日本の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
一方の私は、仲見世通りを心行くまで散策することができた。
お土産に有名な人形焼と雷おこしをたくさん買って、櫛やかんざしも観賞させてもらった。
宝蔵門を抜けると、豪華絢爛な浅草寺本堂が見えてきた。
この瓦屋根はチタン瓦を取り入れて、工事を行ったという。
浅草寺の秘仏の観音様に日々の健康に感謝ししっかり手を合わせてきた。
今年の成果が、必ず表れますように。

無我夢中で体操するあなたと壊れた自動販売機

わが子とのコミュニケーションをとればとるほど、ひとり娘は非常になじんでくれる。
2歳近くまで、仕事がとってもヤバく、ふれあうことがあまりなかったため、たまに顔をあわせても泣かれていた。
実の父だけどと寂しい思いだったが、仕事の業務が忙しいからと観念せずに、しきりに、休みの日にお散歩に連れていくらようにした、抱えても、お風呂でも泣かなくなった。
今日この頃、朝、家を出る時、自分が行くことが悲しくて涙を流してくれるのが顔がほころぶ。

どんよりした仏滅の夕暮れは歩いてみる
村上春樹の文庫本がおもしろいと、友達の人々の感想を聞き、初めて手に取ったのがノルウェイの森。
この作品は、外国でも多くの人に知られ、松山ケンイチさん主演での映画も公開された。
村上春樹のストーリーは、テンポが良く、サクサクサクと読めてしまう所が良いと思う。
直子と緑との中間でゆれる、主人公のワタナベは、いかにも生死のはざまでゆれているようだ。
生と死という課題を無視して読んでも緑も直子も魅力的だと思った。
他にも、特攻隊や永沢さんやレイコさんといった登場人物が加わる。
登場人物のみんなが、魅力がありなにかしら陰の部分を持ちあわせている。
大分前に読んだストーリーだが読み返そう!と思い、ページをめくったことが何回もある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
さすが村上春樹と感じた部分。
このことから、直子がちょっとだけうらやましくなった。

具合悪そうにお喋りする友達と紅葉の山

近頃、物語を読みふけることはわずかになったが、3年ほど前に北方謙三版の水滸伝にわれを忘れるほどはまっていた。
過去の水滸伝を読んだ時は、つまらなくて不満で、心酔しなかったが、水滸伝の北方謙三版を読みとおしたときは、夢中になり、読むのが止まらなかった。
仕事の休憩中や家に帰ってからの食事中、湯船の中でも精読して、1日一冊ずつ読みふけっていた。
登場キャラクターが血が通っていて、雄々しいキャラクターが大変多人数で、そういったところに魅了されていた。

凍えそうな土曜の夕方は窓から
何か一個の習い事でも習慣でも、ひたむきに続けている根気のある人に尊敬する。
スキーだったり、書道だったり、凄く小さな内容でも。
ワンシーズンに一度、あの仲間で、いつもの旅館に宿泊する!という習慣なども良いと感じる。
何か地道に続けると最後には実用までたどり着くことがあるだろう。
わたしは、小さなころにピアノと編み物なんかを習っていたが、辞めなきゃよかったな。
このように感じるのは、リビングのの角に祖母にプレゼントされたピアノが眠っているから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いつかもう一回学習したいと思っている。

どんよりした水曜の朝にカクテルを

鹿児島に定住してみて、墓前にいつも、献花をしている主婦が山ほどいるということに目を丸くした。
50〜60代の女性は、その日その日、霊前に菊をなさっていないと、近隣の目が不安らしい。
日々、菊をやっているので、月々の花代もとってもばかにならないらしい。
日々、隣近所の少しお歳の女性は墓前に集まって菊をあげながら、歓談もしていて、墓の暗い雰囲気はなく、さながら、人がひしめく広場のように陽気な空気だ。

前のめりでダンスする彼女と読みかけの本
普段はないのに、情緒不安定な精神に陥ってしまい、少しも悲しくなった。
特に原因はなく、いきなり切なくなったり、現在までの出来事が無駄に感じられたりした。
けれど、急に仕事がきた。
内容は毎年恒例の外での催しで大手の案件だった。
この状態では良いとは言えないので我を忘れて夢中でこなしているうちにいつもの明るい気分戻ってきた。
そういえば、あの時は昼間に陽の光を求めたりしなかったんじゃないか。
夜型にならないで活動するのも健康なことだと思った。

雨が降る木曜の明け方に歩いてみる

ある夏、私は恋人と、東京のアパートからから高速道路を使用し、茅ヶ崎に行った。
と言うのは、大好きな一眼レフのカメラで海を撮影するためだったが、上手に撮れない。
海岸は久しぶりだったこともあり、しだいにサンダルを脱いで海に入りはじめた。
それも飽きてしまい、浜辺で棒崩しをして遊びはじめた。
覚えている限りでは、それ位までは、絶対に近くにあった白の一眼。
じゅうぶん滞在して、帰宅中、ガソリンスタンドで私の一眼がケースごとない事にショックを受けた。
あきらめて家まで帰ったけれど、少しの間、最高にさみしかった記憶がある。
数百枚の記録が入っていた私の一眼、今はどの場所にいるんだろう?

夢中で自転車をこぐ姉妹とわたし
出張業務に行くと、三日くらい帰れない時がある。
その時は、充実感はあるけれど、すごく緊張しているので、毎日2時間睡眠。
起床予定時間の相当前に、目が覚める習慣がある。
だけど、帰宅した時の達成感は気に入っている。
真剣に遊びまくるし、寝れるし、贅沢する。

木の飾り

サイト内カテゴリ

木の飾り
Copyright (c) 2015 太陽に挑んだ月の幻 All rights reserved.
木の飾り