木の飾り

太陽に挑んだ月の幻

街角インタビュー等で、「豚汁」について聞かれたら、アナタはどんなことを答える?「おかゆ」って、人によって感じ方が違うなのかもしれない。

木の飾り

ノリノリで熱弁する子供と穴のあいた靴下

よく遊ぶチカコは頭がキレる。
頭が良いんだろうなーと思う。
とりあえず人を悪く言ったりはしない。
何コイツ!?と感じても、とりあえず相手の気持ちを尊重する。
なので、視野が広がるし、強くなるのだ。
考えを貫く事より、この方が知佳子にとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかないやり方、悲しい思いをしても糧にするやり方をとても分かっている。

夢中で走る彼と夕焼け
一般事務で働いていた時の大好きな先輩は、親が社長で、誰が見てもお金持ちだった。
小さな体で明るくてとにかく元気な、動物大好きな先輩。
動物愛護団など設立して、それなりに運動を行っている様子。
毛皮反対、ビーガン、動物実験取りやめ賛成。
一回、マンションに行ってみたことがある。
都心にあるマンションの最上階で、六本木ヒルズが見える。
その先輩、毛並みがきれいな猫ちゃんと同棲していた。

気どりながら体操する子供と失くしたストラップ

絵画や写真など芸術観賞が嫌いではないし、絵も下手ではないけれど、撮影がとても苦手だ。
でも、かつては一丁前に、キャノンの一眼を重宝していた時期もあって、出かける時には必ず持ち歩いたりした。
あまりにも視点が合ってなかったり、変わったアングルなので、レフがくすくす笑っているようだった。
そう思ったけれど、撮影や画像処理はどう考えても、クールだと思った!

風の強い週末の夜明けに立ちっぱなしで
チカコのアパートのベランダにて成長しているミニトマトは、可哀想なトマトかもしれない。
ぎりぎりまで水をあげなかったり、好奇心でお茶をあげてみたり、味噌汁をあげたり。
酔った私と彼女に、熱燗を飲まされたこともあり。
トマトの親である彼女は、機会があれば好奇心でトマトジュースを与えてみたいという。
すでにトマトの意思は完全に関係ない。

涼しい月曜の深夜は想い出に浸る

見物するためにとてもふんだんに歩き進まなくてはならない動物園は、夏期はすごく暑くてしんどい。
知人家族と私の家族ともどもいっしょに観覧しに行ったが、たいそう蒸し暑くてしんどかった。
大変暑いので、肉食獣も草食獣も他の動物もほとんど歩いていないしし、遠くの日陰に姿を隠していたりで、あまり観察出来なかった。
行ける機会があったら次は、クーラーのきいた水族館などが暑すぎるときはよさそうだ。
娘が幼稚園の年長くらいになったら夜間の水族館や動物園も良さそうだ。

熱中して体操する彼とオレ
太宰治の人間失格をラストまで読んで、葉ちゃんの想いも分からなくはないな〜と感じた。
彼は人だったら誰しも抱えているポイントを、大いに抱えている。
そんな部分を、内側に隠さないで酒だったり異性だったりで発散させる。
物語の終盤で、バーのママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
その部分で、主役の葉ちゃんは世渡りが下手なんだと、本当に悲しくなってしまう。

湿気の多い土曜の夕暮れはお菓子作り

慢性冷え性になってからは、わずかに身にこたえるけれど、何と言っても冬がいとおしい。
外の空気が乾燥しているので、カラッとした匂い、さらに布団の温かさ。
冬の日差しって恵まれている気がするし、一眼レフを持って行った、夜の海もいい感じ。
季節を撮りたかったら、性能のいいカメラもOKだけれどトイカメラで思う存分シャッターに収めるのがクールで趣のあるSHOTがゲットできる。

悲しそうに大声を出す家族と冷たい雨
アンパンマンは、幼児に人気のある番組だけれどすごく暴力的のように見える。
内容の終わりは、アンパンチといって殴って解決する時がとても多いように見える。
こどもたちにもめちゃめちゃ悪影響だと思える。
ばいきんまんとその他が、そんなにいじわるをしていないときでも暴力で解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんを見たら、やめろと怒鳴りながらすぐにこぶしを突き出している。
話を聞かずに問答無用だ。
説き伏せるわけでもない。
ただ、殴って話を終わらせるからいつになっても変わらず、いつまでたっても同じ内容だ。
思うのだけれど原作は攻撃的でないかもしれないけれど、アニメ向きにする必要があって戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

喜んで踊る妹とあられ雲

昔よりNHK教育テレビを見ることがとても多くなった。
昔は、母親や祖父が視聴していたら、NHK以外のものが見たいのにと考えていたが、このごろは、NHKも見る。
おもしろいものがめちゃめちゃ少ないと考えていたのだけれど、最近は、楽しいもの番組も多くなったと思う。
それに加え、バラエティ以外の内容のものも好んで見るようになった。
そして、暴力的でないもの番組や子供に悪い影響がたいそう少ない内容のものがNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
NHK以外では、アンパンマンでさえすごく暴力的だと思える。
毎週ぼこぼこにして終わりだから、私の子供も笑いながら殴るようになってしまった。

無我夢中で熱弁する先生と観光地
業務で入用な竹を定期的にいただけるようになり、感謝しているのだけれど、歩けないほど多い竹が障害となっていてどんどん持っていってほしがっている知人は、必要以上に大きい竹を取っていかせようとするので仕事が増える。
大量運んで帰っても捨てることになるのだが、太い竹が邪魔でしょうがないらしく、持って行ってくれと強く頼まれる。
こちらサイドも必要なものをタダでもらっているので、強く言われたら断れない。

木の飾り

サイト内カテゴリ

木の飾り
Copyright (c) 2015 太陽に挑んだ月の幻 All rights reserved.
木の飾り